2009年01月

2009年01月02日

2009年 日々是好日 新しい感性の年のスタートですね。

日々是好日
毎日が、とても変化の激しいときになっています。明らかに大きな時代の変革の中で、私たちの社会の質的転換点に今、います。
だから、今の仕組みがより良い社会へ向かう変換が行われている。
もっというと、これらの変化は、創造的破壊が、起きて、新しい社会の仕組み、とくに 部分最適型の社会から、全体最適型社会へ そして、現状最適型社会から、未来最適化社会への人類のスピリチュアルな部分がとてもクローズアップしてきています。
どんなときにでも、前向きにとらえる力を持つこと。
なぜなら、私たちは、幸せになるために今、生きているのです。これから私たちの行動が、周りを豊かに、そして、より良い社会への貢献こそが私たちの使命だからです。

私たちは ニュースでの、100年に一度の景気悪化と騒がれています。
ついつい我々も世論のそのようなニュースに踊らされて、景気が悪いと思ってしまうと心が萎えますよね。
だから、こんなときこそ、我々が、この景気を良くするんだとプラスに発想することが大事だと思うのです。
ピンチがチャンス、この大きな変化は、工業至上主義のグロバリズムから 人中心の環境重視、ローカライゼーションという、180度転換のとき。
変化がわかれば、その波にのって、新しいサービス、商品を生み出し、活気をもたらし、人を幸せにする事業をどんどん進めていくチャンスのときと考えていけばいいのでしょうね。

中小企業は、大企業の後ろを走っていたけれど、180度 転換したんですから、先頭に来る可能性もあるわけです。私たちは、2009年も新しい顧客の方々とWIN-WINの新しいサービス、商品を生み出して皆さんといっしょに、新しい事業によって、明るい未来を作って行きたいと思っています。

明治時代に100社以上の事業を起こした渋沢栄一さんの夢七訓を送ります。
 「夢七訓」
  夢なき者は理想なし
  理想なき者は信念なし
  信念なき者は計画なし
  計画なき者は実行なし
  実行なき者は成果なし
  成果なき者は幸福なし
  ゆえに幸福を求める者は夢なかるべからず

どんなときにも夢を失わず、幸せのサイクルをまわしていきましょう。

2009年もよろしくお願いいたします。


2009年01月01日

新しい年明けを向かえ、再度 スタートします。よろしくお願いします。

今日から新しい日が始まりました。
実は、昨年の6月29日に妻がなくなりました。
その間、とてもブログを再開する気には、なれず、今年の年明けまでは、休もうと決めておりました。

これからは、なるべくかけるようにしていきます。

よろしくお願いします。