2005年04月28日

ISOはツールだ。全員が魂を込めて初めて活用できる。

i-tekku






■事実(Fact) :太陽電池の施工に長年取り組まれているイーテックさんで、
ISOを用いた経営改善の勉強会を開いた。
◆発見 (Find) :皆さんが、前向きに会社を考えて、しっかりしたマネジメントシステムを構築していこうと、思っている。そして、今までいろんなことを手がけてきた。たくさんの教育、訓練も受けてきた。それらのことをひとつにして、効果を上げる。その背骨にあたるのが、ISO改革の中心なんだと発見した。
●教訓 (Found) :ISOは、道具である。ツールである。大工さんの匠の人が魂を込めて道具を大切に扱うのと同じ。
 動機付けもなしで、従業員がやらされる意識で行うことは、道具を粗末に扱うのと同じなんだ。全員が目的を理解し、そしてそれが会社全体への相乗効果として現れると本当にうれしい。
★宣言 (Future):私は、皆さんに仕事を通して、ISOを通して自己実現できることを伝えます。

 やあ久しぶりに 社長と出会いました。6年以上前に出会って、改善に取り組みながらいろいろ山あり、谷ありで進んできました。でもこうやって、ずっとお互いにお会いできたら、うれしい。そんな方です。その中でも一番うれしいのは、その山あり、谷ありをイーテックさんと越えてきた、成毛君なんだろうな・・・(*^。^*)

arayamanet at 07:51│Comments(0)TrackBack(1)clip!ISOの本質 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 儲けるメカニズム  [ 企業を元気にする日記 ]   2005年05月15日 21:09
儲けるメカニズム:即実践できる経営の極意172 実践経営コンサルティング事務所の神谷泰久氏著の『儲けるメカニズム』を、ついつい買ってしまい読みました。神谷氏は実際の部品工場の立ち上げから、経営を通しての『儲ける』ためのノウハウが詰ま

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔