2005年09月13日

出版社の方と打ち合わせ。企業を元気にを本にしていきましょい(*^。^*)

荒山スナップ

先日電話があった出版社の方が来てくれた。今までの経緯とこれからの話をしていたが、企業を元気にする。という考え方について、ヒアリングされながら、自分自身も整理がついてきたように思う。
 企業が元気になるとは、どんなことなんだ。
 まず、現状認識から・・・会社の状態をみんなにオープンにすること。
そのことによって、みんなが、経営者のありのままの現状を、共有化する。
どんな会社でも、こんな状況をみせたらなんて思われるか心配される。
その危機感の共有から、新しいこんな会社へと可能性の追求が、全員でおこなえる。

 危機感=人間が変われるチャンス。

会社も変われるチャンスなのだ。そんな、ピンチをチャンスに変えた会社がたくさんある。
 その人たちは、社員の方と、一体になって、会社を再生していく。

そんな人たちは、信念が芽生えてくる。自分だけの会社では、ない。社会に対しての責任 CSR(企業の社会的責任)を考えてくる。

 大きなプロジェクトが生まれてくる。

 周りを巻き込んだ、すばらしい活動がはじまる。

そんな、中小企業だからこそ出来る。人生のダイナミズムを書くことができたら、本当いいね!(*^。^*) ワクワク

arayamanet at 17:49│Comments(0)TrackBack(0)clip!出版について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔