2005年10月23日

「努力する者は夢を語り、怠ける者は不満を語る」

この言葉は、だれがいったのか?知ってます?私もしりません。

実は、すごいいい言葉だなと思って 娘に送りました。
今日、秋葉原で娘と会いました。秋葉
すごいTXができて変わりましたね。

20歳になって、ちょっとは大人にと 親バカですから。その後メールを送ったのがこれです。

でも、成人して、何をするかってやっぱり夢を持つことですよね。

 夢を見るには、力が要ります。だから、必死で夢を追っかける努力をする。

 今は、クラブに夢をかけているようなので、 がんばっていきまっしょい!(*^。^*)ですね。

 私自身も、大きなビジョンを忘れているわけではありません。企業を元気にするという理念と夢は、絶対に忘れずにきているつもりですが、大きな夢ほど、必ず大きな試練をいただけます。気づくまで、そして、自分が本当に変わるまで、必ず。
その間にも夢を絶対わすれない。そんな自分になりたいと思います。

 そして、夢の最初は、本当は、うーんうーんと力を入れて考え抜いて、出てきたものでなく、ふっと 心に浮かんで、これ結構自分大好きかもしれない。そんなことが、毎日の活動で具体的に大きくなっていくように思います。

では

これを乗っけている社長、同い年なんですね!がんばらナイト!
株式会社プロト コーポレーション 代表取締役社長 入川 達三 氏
生年月日 1958年(昭和33年)9月27日
内容を添付しますね。http://www.president-vision.com/back/mail_338.html

愚痴や不満をぐちぐちと言っている人というのは、全然努力しないで楽することばかり考えているからなんです。でも、本当に努力している人というのは、夢を持ってやっているんですね。夢があるからこそ、努力もできるんだろうし。そういう意味で、この言葉は非常に好きです。誰の言葉かは分からないのですが、10年以上前に知ったんです。

愚痴を言っている人を見たら、怠けることを考えているな、そう思ったほうがいいですよ(笑)。

本当に必死でやっている人って、夢しか言わないですよ。苦しくて、時間も体も辛いけれど、だけどなんか楽しそうに夢を語っているじゃないですか。そういう夢があるから、どんな苦しさにも耐えられるわけですよね。

ある意味、「こうなりたい」、「こういう目標がある」ということがあるから、今の努力ができる。そういうものがない人は、やはり努力ができないです。



arayamanet at 15:18│Comments(1)TrackBack(0)clip! | 考えてること

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by omaha poker   2005年11月30日 19:25
このサイトには本当に楽しませてもらいました。そのことをちゃんと伝えておかなくちゃ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔