2005年11月17日

N銀行 元気企業サポート室の方とこれからのオープンブックマネジメントの意見を伺った。

03dcc59f.gif















N銀行のHさんが、忙しい中時間をとっていただいた。
先日の展示会の会場で久しぶりにお会いした。
 今日のテーマは、企業を元気にする。この銀行 とてもユニークな部門を持っている、「元気企業サポート室」この室は、企業を元気にすることを重点に、銀行の業務的なノルマなどなしに動いている。Hさんも中小企業診断士。
 元気企業サポート室で、M社さんも株式公開予定だ。

 そんな中で今回の展示会でも、N銀行で、展示ブースをつくり、企業を応援している。
 これからの元気企業をサポートするためのいろんな仕組みをお話していただき、銀行がこれからは、地域の企業サポートを強化しなくてはならないことを強調されていた。

 これから M&Aなどが増えてくる。そして、東京三菱とTKCが連携して、TKCでのオープンブックができていれば、融資条件に関しても特別考慮という仕組みもできているとのこと。
 ただ、今の銀行は、決算書の数字をいくつかいれて、それに対して、コンピューターで融資に適か否かの判断がすぐでてくる。それも、鉛筆なめなめはなくなっており、企業情報を送れば、すぐに判断する形に変わっている。
 
 しかし、その中の銀行でも、中小企業活性化に関して、いろんな施策をすすめており、それらがマドックの今の事業との関連に合致してくれば、非常におもしろいことになりそうとの意見をいただいた。
 特に第2地銀関連など、地域の企業に対しての支援を考えていることは、非常に今後重要視される。

 まず、今回、大変忙しいところ、意見をいただきました。ありがとうございます。
 今回の意見を元に次回までに、意見をまとめていきますね。

 それではお互い忙しい中ではありますが、がんばっていきまっしょい(*^。^*)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔