2006年01月23日

貸し倒れに会いました。裁判所へ なんか一所懸命仕事して、それがこんな結果で

4c02ccde.gif
 裁判所へ、通知がきて、いきました。結局財産はもう無く、配当はないとの話で、時間がもったいなかったです。
 雲隠れしていた、M君がいました。

M君に頼まれて、オフィスの電子化へのアプローチをして、B社にシステムを入れました。
ハードを仕入れ、一所懸命、ネットワークを構築し、結局最終納品前に、裁判所から、一通のはがき。
 破産の通知。
最終納品前の状況でしたので、納品未であると、納品先へ行ったけれど、返せないと・・・ そんなバカな・・・
 納品前にすでに金は、払ったと・・・えー 納品前にお金をすでに払っている?

 そんなバカな。

 結局、弁護士は、納品先と今回の破産の弁護士が同じ。また びっくり・・・

 結局、紹介してくれたU君ももう連絡がない。


 教訓。 盲目的に信じるのではなく、初めての取引は、ハードの納品が有る場合、前金で行わないといけせんね。
 また、ひとつ痛い目に会いましたが、苦難は幸福の門 次に生かします。(>_<)

 

arayamanet at 05:17│Comments(0)TrackBack(0)clip!顧客での出来事 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔