2006年03月07日

今日はドリカムさんのところで、初の 建設としてプロジェクトマネジメントを行う説明会を・・

CCPM三宅
















今日は、とても大事な日だ。
これからの建設業において、納期と品質、コストを飛躍的に上げていかなくては、採算が出ない困難な時代になっている。
 私も元京セラで 生産技術、開発の仕事をさせていただいていましたが、100万個に一個の不良があってもいけない、そんな環境で培われた、製造業の考え方を、建設業に、もってきて、なんと 納期を1/3短縮し、なおかつ、コスト、社員のモチベーションをあげることのできる、クリティカル・チェーン・プロジェクト・マネジメントとという手法(舌をかみそうなので CCPMとこれからは・・)を建設業へ適応させたビーイングの岸良さんに、いっしょにこれを伸ばして、建設業の新しい仕組みをつくっていきましょうと今年、初めに 私の恩師からご連絡があり、ここまで進むことができた。

 3時から初めて、実際に今回は、ドリカムパートナーさんと一緒にM社さんへ。

夕方暗くなるまで、CCPMの実際に今回の設計士さんもこられ、これからの建築納期に関して、実際の工程を組んで言った。

 みんな最初は、ほんとう?! でも、実際の納期 4ヶ月のうち、20日が余裕分としてみることができた。うまくやれば20日も縮まる。

 専務さんがいっておられた!「今は、実際の業者さんがいないので、経験的な部分が足りないけれど、実際に工事に携わる人がこのプロジェクトの仕組みに参画してくれたら、もっと縮められるかもしれない」と・・・


 さすが、ISOも品質管理責任者として、M社を創り上げてこられた方だけある。

 話すことが、非常に的を得ている。

 このドリカムパートナーさんとの連携で、どのくらい、改善がすすむのか?大きな期待と、みんなの可能性をいただいたとてもいい研修でした。

 ぜひ みんなで、このプロジェクト 成功へ がんばっていきまっしょい。(*^。^*)


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔