2006年06月29日

プラス発想ってどうすれば・・・

プラス発想っていうことは、みんな良く使うけれど、本当にプラス発想になることは、簡単ではない。
無理やり思って、俺は、プラスだ・・・ついている。・・・などといっていても常に、現実が目の前にある。
 変なプラス発想は、現実とのギャップを生む。

 プラス、プラスで行き続けると、とても大きなマイナスにぶつかる。

積極一貫 これを中村天風さんのことば

 自分に力量を把握せずに、自分だけで走っている。そんな人間にならないこと。


 プラス発想を考えていくことは、今の自分のあり方を確実にとらえることだ。


 CHECK ACTION PLAN DO
  CHECK 1ST

 現状を知る。そして・・・この言葉  


いろいろと苦労がありますが、今の状況は、自分の今までの陽の部分だけでは、
難しい状況にきていると思うのです。
これをちょっと読んでみてください。

 “乾為天”(けんいてん)『易経』によると、龍の成長には、六つの段階があるそうです。

1. 潜龍:潜龍なり 用いるなかれ
将来に向けて括弧不抜の志を立てる時期。周囲に認められるにはまだまだ時間がかかる。つらい思い、悔しい思いを沢山する半面、壮大な志を強く打ち立てることのできる時代。

2. 見龍:見龍田にあり大人を見るに利ろし
地上に姿が出て、自分の視野が開ける時期。この時代に行うべきことは、大人に学ぶこと。大人とは自分を見出してくれた人であり、学ぶとは、「真似ぶ」こと。オリジナリティーを求めず、ただひたすら基本や型を体得、真似ぶ時代。

3. 君子終日乾乾す
とにかく積極果敢に努力し、物事を推進していく時期。見龍時代に身につけた基本や型を実践で生かし、応用力をつけていく。高揚感を持って基本を繰り返す。また日々正しい恐怖心と、健全な警戒心を以て自ら反省を繰り返す。物事は極めると質的転換が起こる。これらの繰り返しが極まった時に、量から質への転換が起こり、そこで初めてオリジナリティーが出せる。六つの成長過程で、最も長い時代。

4. 躍龍:あるいは躍りて淵にあり
いよいよ大空へ飛び立とうとする直前、あとはその機を掴むばかりの時期。躍動感がある反面、まだ不安定。必要な機会や人が向こうからやってくる様な不思議な出会いが続き、飛龍になるべくすべてが自然と用意されるので、焦らず、兆しや機を観る目を養う時代。

5. 飛龍:飛龍天にあり大人を見るに利ろし
志を達成し、これまで身につけてきた能力を発揮して社会に貢献していく時期。見龍の時の大人とは異なり、自分以外の人、物、事すべてから学び、じっくり意見に耳を傾ける。教える話すは陽。学ぶ聞くは陰。陰と陽は、表裏一体であり、その両方がなければ物事は、成り立たない。飛龍は陽の極まっていく時期なので、あえて自ら陰を生み出すよう努めなくてはならない時代。

6. 亢龍:亢龍悔いあり
陽 極まり陰に転ず。志ではなく、欲望に身を任せ、人の意見も聞かずに、ひとり天高く登っていった飛龍の成れの果て。もはや誰もついて来る者はなく、あとは凋落あるのみ。とことん悔い改め、別の吉にゆっくり転換する時代。人生においても、それぞれの時期を見定め、進むべき時には、斬然と進み、留まる時には、冬を楽しむが如く、泰然と、過ごしたいものです。

 今、とても大事な時期ですが、今までの進み方をしっかりと見直すチャンスと
してとらえる。

 陽と陰のバランスかもしれません。私も含めて





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔