2006年08月14日

イノベーションを起こす 人たち とてもおもしろい!(*^。^*)

d364b752.gif
イノベーションってどこから生まれるの?

商品を生める人ってちょっと違う。とてもおもしろいイノベーター理論があった。


イノベーター理論 
イノベーター理論とは、1962年、スタンフォード大学のエベレット・M・ロジャース教授が著書“Diffusion of Innovations”(邦題『イノベーション普及学』)で提唱した、イノベーションの普及に関する理論です。ロジャースは消費者の商品購入に対する態度を新しい商品に対する購入の早い順から、1.イノベーター=革新的採用者(2.5%)、2.オピニオンリーダー(アーリー・アドプター)=初期少数採用者(13.5%)、3.アーリー・マジョリティ=初期多数採用者(34%)、4.レイト・マジョリティ=後期多数採用者(34%)、5.ラガード=伝統主義者(または採用遅滞者)(16%)の5つのタイプに分類しました。
この5つのタイプの割合は、下図のようなベルカーブ(釣鐘型)のグラフで表されます。ロジャースは、このベルカーブを商品普及の累積度数分布曲線であるS字カーブと比較し、イノベーターとオピニオンリーダーの割合を足した16%のラインが、S字カーブが急激に上昇するラインとほぼ一致することから、オピニオンリーダーへの普及が商品普及のポイントであることを見出しました。ロジャースはこれを「普及率16%の論理」として提唱しています。

イノベーター 革新的採用者に出あってその人から新しい顧客 オピニオンリーダーへ これあたっているとおもう。 

最初のイノベーターに出会えるかどうか?この運もあるけれど、結構 こういう人は目立っているからつながれることもおおい。20人に1人
とくに このイノベーターとのやり取りでちょっとシビアな見方で可能性を見際待ている人達がでてきて初めて、商品になってくる。この人たちは、10人に一人強

 さて こんな形で 商品作りのキーマン イノベーターを探すことなんですね。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔