2007年01月21日

新商品開発や、新サービスを産み出す創造的な場では、なぜ、それとは、まったく反対の力がまたでてくるのか?

85ad5c24.jpg最近の会議は、とても 議論が伯仲する。
それも、今までのやり方では、結果が出ない!そのことを打破するときに必ず、軋轢を生む。

 なぜ・・・ みんな、会社を良くしたい、また、良いサービスを生みたい、顧客に喜んでもらえる、すばらしい商品を産み出したい。

 そんな思いできている。

 何が、その新しい発想に対して反対の力がかかってくるのか?

 この件は、このメディチインパクト という本を 濱田社長から教えてもらった。【絶対この本はお勧め。これを読んでいると、これからの社会の自分のポジショニングが明確になってくる。】

 DREAMGPを立ち上げるときだ。この会社の大きなコンセプトも、 プラットフォーム。異文化、異なった考え方、やり方、分野など、交差させるプラットフォームをつくっていこう。その異文化の中で、新しい事業モデルを仮説をたて、ベンチマークして、新しい方向性を見出していく。
 方向性が見えたら、方向的イノベーションで、進めて行ったら良い。
 それぞれのポジショニングと役割がある。

 これに気づくととても楽。

 方向的イノベーションと交差的イノベーションという2つのイノベーション

 方向的イノベーションは、自社のもっている既存技術をもっと高め、いいものを早くつくっていく、改善的イノベーションだ。

 交差的イノベーションは、今の工程、やり方をまったく違う角度から、新しい文化との交差点をつくっていく。 突然、外国人が、自分の家庭にはいりこんできたような感覚だ。

 昔よく出てきた言葉で、リエンジニアリング(今の工程をまったくクリア【前提におかず】にどんな工程がくめるだろう。)

  インターネットの発達で、これから、方向的イノベーションだけでは、あっという間に、交差的イノベーションをもっているところが、創造的破壊の中で、方向性を変えざるを得なくなっていく。

 この概念を理解してもらう 良い方法を・・・考えねば・・・

方向的イノベーションの一方からみると、交差的アイデアは、既存の秩序をみだすことばかり・・・
 
 だから、すぐに こんなことがおきる可能性があるし、危険だ。それは、関係性のなかで、問題がおきるかもしれない。交差的イノベーターにとっては、それは、なんでそんな風に思うの・・・もっと前向きに、なんでわからないの・・・


でも、交差的イノベーションが方向性を決めていったら、今度は、方向的イノベーションが主体になってくる。

 実は、交差的ビジョンを構築するときに、大反対してた、方向的イノベーターは、方向が、一致すると一番の協力者になってくれることが少なくない。

 交差的イノベーションの芽をつまない おおらかで自由な環境 これがメディチインパクトに出てくる 「ピーターズカフェ」だ。

ドリーム・ジーピーDreamGP (Dream Growing Platform)のバイブルにしていかなくてはならない考え方です。

もっと勉強しますね。
 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 物言う社員   2007年01月26日 18:08
3 会社の言う理論は判る。
しかし、その為には全てを無茶苦茶にして良いという理論は成り立たない。会社を運営する物は社員の模範たる行動を見せる必要があり、間違った事をした時は素直に社員に謝る必要さえある筈だ。
社員には経営者側から見た立場で物事を考える様にと言う反面、社員側からの考えで物事を考えているのだろうか?という言動、行動が余りに多く無いか?

胸に手を当てて振り返ってみるべきだ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔