新ビジネスモデル

2005年09月06日

ぶっちゃけワークショップ in 金沢 が始まる。これこそ、本音の経営改革を地域密着で起こしていける。

buchake

12f4fc8d.jpgついに 金沢のぶっちゃけワークショップの概要が固まった。これは、約半年の間にみんなが何度も集まって固めていったものが、今回かたちになった。みなさんごくろんさまでした。
 でも、これからですね。今回は辻本さんという、新しいメンバーも入ってこれからの仕組みつくりを 北出さんも加わり、とんでもないかっこいい パンフも作っていただいた。
 成毛君も苦労の甲斐があるというものですね。

みんなが集まり新しい仕組みつくり。ワクワクがあります。

10月27日 スタート 最初のオリエンテーションがあります。

 これを機会に、一歩一歩新しい元気な企業へのステップが踏めたらいいですね。

ぶちゃけミーティング



arayamanet at 14:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年08月08日

ごろーがやってきた。そしてベネトゥトの植村君 意気投合した。おもしろくなりそう。

02e8cdea.jpgなんと、先日まで酉の舞にいた、野口君が新しいビジネスを始めるといって会社に来た。健康に対してのサービスを始めるという。
まだまだ危なっかしい。
 これは、だれか相談できる相手がいるぞ。そのビジネスが移動販売型なのと、若手の経営者として腹も据わっている植村君と ご対面。
なんか恥ずかしくなるほど意気投合!
 
新しいビジネスモデルをしっかりと立ち上げて社会を元気にしましょう。

 なんとごろー君が持ってきたのは1年前の新聞。植村君の乗っているもの。
びっくり。実はこの商売を考え付いたのは、この新聞からと
不思議だね。ひとのつながりは・・・

必ず、何かを成し遂げようとするときに、必要な人に必要なタイミングで出会えるようになる。すべてのタイミングがあってくる。これをシンクロニシティという。同時性がおきてくることは、何かの力が働いてくること。

 お互いの良さを生かして、新しいビジネスモデルを成功させよう。

 ギタリストの彼も、目を輝かせて ボストンへ

 青年よ。実践にしか自分を生かすことの出来る場はない。

 知行合一 知ることと、行うことはまったく同じ!

 ぶつかりながら夢を忘れずに!

arayamanet at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年07月26日

新しいものづくりを支援するファンドが生まれた。大きく戦略を変革できるチャンス!

POLICY昨今の中国、ならびに諸外国の発展はめまぐるしいものがある。しかし、日本の中では、相変わらず、間接金融で、担保を取られ、その苦しい毎月の中で必死で事業を継続するためにたくさんの会社がいいものと持っていながら、目の前の制約事項にとらわれて、前へ進めない、そんな現状がたくさんあるのだと思います。今日は台風が来ている真っ最中に東京へ
Iさんと、財務戦略のkさんと出合った。

6月30日に東京で出合って、本日じっくり話をうかがった。

 日本の製造業・ものづくりを再生していきたいという思いを聞いた。
私たちも10年の間、何をしてきたかというと、顧客のニーズに応えながらどろどろとした現場での改善を積み重ねてきた。
 しかしそれだけでは、解決できない課題もたくさんある。

 海外の圧倒的なコスト優位性、そして、人材の豊富さから考えてこれからの日本は、2007年の団塊の世代の大幅退職、人手不足、そして、出生率の大幅な下落。このままで進んでいってしまったら、日本のものづくりの中にまだまだたくさんのすばらしい技術、商品がこれらの圧倒的外圧によってなくなってしまう。

 今、日本の中で、国際競争力、人材、ロケーションなどで困っている、いい技術を持っているのに、日本での生産ではなく、海外の豊富な労働力を活用して、日本の市場だけではなく、アジア、ヨーロッパなど世界に通じるそんなものづくりを支援できたら、今までわれわれが持っていたオプションとは、まったく違ったオプションで企業を元気にすることができる。

 今までの負債や、担保など、すばらしい技術、商品を持ちながら、どうしても、毎月の資金繰りや、戦略が組み立てれない、そんな会社に大きくファンドとして、海外への進出、移転、戦略の大幅見直しをして、資産の最大活用を行う。そんな会社が8月1日に立ち上がる。

私たちも、今までの顧客の方々へより一層の支援が可能になる。そんなポテンシャルの大きい会社を探していこう。




arayamanet at 00:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年06月20日

経営の新しいスタイルをつくろう。若い力を生かして

e3cd80dd.JPG昨日もいっしょに飲んだ、25歳の経営者。わたしのセミナーでであって、すぐに意気投合。それ以来の付き合いだ。
もうすでに、一度会社をたたむという経験をしている。しっかりしている。
モデルは、ベトナム出身の大学のメンバーと起業して、ベトナムで、開発者の拠点を作って(すでに20名近いメンバーが・・)
 ベトナムでは、本当に人件費が10分の一
そのローコストを活かして、システム開発を行っている。
これは、いいモデルである。
今後、大阪での活動の中でこの仕組みを、ISOを基準とした、業務改革の中で実際に運用していこう。

 まあ、本当に社会のパラダイムが大きく変わってきた。
過去の経験が大きな財産だったのが20世紀。今は、インターネットという新しい市場が出来て、人のネットワークで世界中で仕事ができる。

非常に大きなチャンスがある。しかしパラダイムシフトが起きているのに今の仕組みを変え切れなかったらそれは、大変なピンチを迎えるのだ。

変えていく!これは、ストラグル!それを実現しなくてはならない。

arayamanet at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年06月01日

やはり営業の仕方しだいで、会社の戦略は大きく変わる。

436234e1.JPG今日は、新しい会社に訪問した。
私たちも大阪府から直接投資を受けた第一号であったが、今回の会社も受けている。
まず 法人向けの回線を伸ばし、そして次にそのお客様へ、そのつながりを活かしていろんなものを営業していくという営業支援会社である。

 もともと大手企業に勤めていて、3年がたった。 昨期で1億達成。
  30才代の社長

 腰も低いし、結構苦労もしてここまでがんばったんだろうなと思う。

 お互いの仕事の内容を話をした。何か、新しいものを生み出してくれそうな、そんなエネルギーのある 新ビジネスモデルの会社でした。

 みんながんばって 日本を元気にしていきましょい(*^。^*)。


arayamanet at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!