CAPD

2005年05月03日

何事にもきっかけがある。

2000
















10年間 数百社の社長さんと出会い、失敗し、繰り返し挑戦し、そんな中でまた少し気づかせてもらって、また、繰り返しどうしたら「企業は元気になるのか」行ってきました。

 何か、10年の活動の中で少し、法則みたいにまとめることが今必要になっているように思います。これは、せっかく この世に生を受けて、誰でもが、ああそうか?その見方が、出来れば会社が元気になるんだ。とそんなコトがまとめられたらうれしいと思います。

 今回は、ブログの中で、不定期に本のねたみたいなものも書いてみようと思っています。H工房のR子さんぜひ、なんかカタチにしていきましょうね。アドバイスよろしく。


「CAPD 会社を動かす、魔法の呪文! 動機付けがすべての基本」
CHAPTER 1

 私たちが、たくさんの会社との付き合いの中で本当に必要だと思うこと。
 人、モノ、金 これらのことが企業の基本って言われるけれど、本当にそうなのだろうか。
 金があれば、モノも何とかなりますよね。でもお金もモノも人しだいのように思います。
私も7年間はなんだかんだといいながら黒字化を続けてこれた。
なぜ・・危機は何度もあった。でもなぜか、誰かが助けてくれた。

スタートした時、Y君、そしてO君、Iさん、Oさんみんなが何とかしなくては・・・ 商品がないのに、会社を興した。

家をたたき売って、どうするのか。恐ろしくお金が無くなっていく経験。なぜならお金に対する感覚はサラリーマン。
一日何をしたらいいの?そう考えているだけで一人あたり、 1万、2万円のお金が無くなっていくのだ。
一日、みんな営業が出来なければ、10万円くらいの損失にすぐなるのだ。動きが効率的でなかったら、・・カリカリ来てしまう。

でもあせっても何もない。無謀だったと気づく。そして、必死で取り組む。何かそれを打開できるきっかけがある。
 そのきっかけは、何だったか。そう、板金倶楽部であり、板金CADであり、いろいろお客さんへのきっかけを作って、それがお客さんで面白いね。と賛同いただいて初めてなのだ。
 きっかけが無ければ、その後はない。
そう すべての顧客に必要なのは、きっかけ!そのきっかけを何にするのか?
一人ひとりのきっかけの内容も若干違うかもしれない。

会社として一人ひとりが打ち込める、きっかけ商品・ほとけの顧客(われわれを育ててくれる本当に仏のように広い心を持った顧客の方々) これが会社を支えてくれる最初だ。

だから、最初は何にも無い。自分が何をやるか?そのときの自分の中のものを寄せ集めて、何とか形にして、お客さんに見せて、使ってもらって、そんな必死の気持ちでだれでも会社が立ち上がっていく。

今日は このくらいで・・・・

arayamanet at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年08月18日

CAPDサイクルをまわせば、問題が見えてくる。

883075f1.gifいろいろの会社に対して改善を進めてみて、必ず出てくる問題が実は、PDCAサイクルを基本にしていることからPlanを最初に経営を始めている事がことが原因になっていることが多い。
 Planが最初にあることによって、計画づくりから始まっていく。
理想的な戦略が議論されその中で、魅力的な計画が披露される。その計画が、実行に移すための雛形になってスタートを会議の中で議論され進んでいく。

 こうすることが非常にわれわれの事業を困難にしている場合が多いのです。

 このことは、計画を考える上で、その前に綿密な現状把握が必要であることを痛感したのは、京セラでセラミックパッケージの生産技術をしていたときに感じたことです。
続きを読む

arayamanet at 16:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2004年06月14日

企業を元気に!CAPD 其の2

今、博多からの新幹線で書いています。昨日は中洲で2時まで痛飲!朝はちょっとゆっくり。最近、九州も新幹線が多くなってきました。なんといっても何本もあるし、飛行機みたいに乗る前の時間も要らないし、電源があるからいつでもパソコンOK。これは事務所ですよね。電話もかからないし・・・
それにしても、新大阪-博多間のサイレントカーはいい。グリーン車波並みの座席に、社内放送すらない。そして結構すいている、など便数が減っている福岡行きの飛行機と比べると、こんなところにサービスの差が見えてきます。これから飛行機屋さん、いろんなサービスアップ、コストダウンがんばって!


続きを読む

arayamanet at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2004年06月09日

企業を元気に!CAPD 其の1

7c4b6d43.jpgPDCAの経営改革 〜PDCA、CAPDってなんだ!!

SQC、TQC、ISO、CALS、EC、TOC、最近ではBSCなどたくさんの経営改善手法があるがさて、こうもどんどんいろんな手法が、手を換え、品を変え出てくる。これはパソコンの世界でも似ている。マイクロソフトのWindows戦略と一緒で本当にほしい機能は変わっていないのに、98だ、MEだXPだなど、次から次へ視点を変えさせて新しいものを買わせている。

今までの中で何が大きく変わっただろう。CPUが早くなった。メモリーが贅沢になった。やっているのは、昔の123の表計算・一太郎のワープロ機能・グラフィックは花子が好きだった。20年たって見た目はよくなっている。けれど・・・内容はとんでもなく変わったわけではない。しかし、何十台というパソコンを買っては捨ててきた。


PDCA。これも横文字の少し新しい判か?どっかで見たような並び。そうPDCAデミングサークルと似ている。ISOでもTQCでも何か変えたように見せているが、実は継続的改善が会社の中に起きることが目的になっている。続きを読む

arayamanet at 14:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!